>">Deep Sigh

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台北・高雄旅遊 2日目

午前8時過ぎに朝食のために宿を出る

ふと見かけた光景

IMG_6579_20161126140928e4a.jpg

スクーターがまるでマラソン大会の行列のように一斉に降りてくる
凄い迫力だ



MRTで雙連へ
朝の通勤ラッシュで車内はぎゅう詰め

雙連朝市横にある「世紀豆漿」へ

IMG_6586.jpg

ここは日本人もよく来るので日本語のメニューが置いてある



奥の席へ

IMG_6581_20161126140929098.jpg

持ち帰りのお客さんがバンバン来ていた



鹹豆漿
そう、これこれ
これが食べたくてまた台湾に来たようなもの

IMG_6582_20161126140931911.jpg

豆乳に酢や搾菜、揚げパン、ラー油などが入っていておぼろ豆腐のような食感でいろんな味わいがする
同行者たちはそんなに好きじゃないみたい


小籠包に油条という揚げパン

IMG_6583_20161126140932eed.jpg


切り干し大根入りのオムレツ

IMG_6584.jpg



朝から活力が漲るね

IMG_6585.jpg



駅前には台湾のレンタル自転車

IMG_6588.jpg



そぼ降る雨の中、朝市をのぞく

IMG_6589.jpg



あ、毎朝飲むグレープフルーツジュースを飲んでなかったということで屋台で絞ってもらう

IMG_6590.jpg



宿で荷物を仕訳した後に台北駅へ

IMG_6591.jpg

お~、、だだっぴろい



でかいクリスマスツリーも飾られている

IMG_6592_20161126141003993.jpg



臺灣鐡道(略して臺鐡)の弁当屋で弁当とセブンイレブンでビールを大量購入し、台湾高鐵(台湾新幹線)に乗り込む

IMG_6593_201611261410053c1.jpg



日本として新幹線の車両技術を輸出・現地導入した初めての事例であるそうで、車内も新幹線そのまんまだ

IMG_6594_201611261410063e1.jpg

乗り心地も良かった
2時間弱で台湾の南、高雄に到着する



D達は乗り込むや否やビールを開け始めたが、車両が動くまでは我慢我慢

IMG_6595_201611261410080d4.jpg


発車してビールを飲みながらしばし車窓からの眺めを楽しむ
雨降りなのが残念だ


さて、頃合いもいいかと弁当を開ける
この弁当には池上米という台湾のコシヒカリと言われるお米が使われている
日本人も文句なく美味いという味だ
さらに、おかずの排骨(骨付き豚の唐揚げ)
見た目は脂っぽい感じだが、全然そうじゃなくほど良い味付けで旨い
付け合せの湯葉もいいお味で漬物の酸味もいい

IMG_6596_20161126141019ef0.jpg

素朴な外観だが実に美味しい弁当であった



ちょっと眠り、高雄に近づくころには晴れ間も見えてきていた

IMG_6598_2016112614102168a.jpg



高雄の新幹線の駅である左営駅に到着

IMG_6599_2016112614102234a.jpg



台湾高鐵、なかなかカッコいい

IMG_6603_20161126141024924.jpg



調子に乗って台湾高鐵にタッチするD

IMG_6605.jpg

このあと警備員に笛を吹かれ注意されていた、、、
アホです



駅の近くにある高雄屈指の観光地だという、蓮池潭(レンチータン)へ
いきなりの龍虎の塔に驚く

IMG_6610_201611261411071bc.jpg



割と広い湖であるが、そもそも人工湖らしい

IMG_6611.jpg

むこうには水上スキーの練習をしているのが見える



さて、入るか

IMG_6613.jpg



龍の口から入り、、

IMG_6615_201611261411120b1.jpg



虎の口から出ると、これまでの悪行が帳消しになるらしい

IMG_6616_201611261411134d1.jpg



塔内部にはぐるりと地獄絵図や賢人図のレリーフが施されてあった

IMG_6617.jpg



塔の最上階へ上る

IMG_6619.jpg


いい眺め

IMG_6620_20161126141133e9b.jpg



通路がギザギザなのは、風水的な意味合いで、悪霊は直進しかできないから、悪霊が入ってこれないようにするためだと聞いたことがあるような気がする

IMG_6621.jpg



塔から降り、目の前にある寺院へ

IMG_6622_2016112614113589b.jpg



ここは医師が祀られているそうな

IMG_6623_2016112614114631c.jpg

あやかろうとお参りする



お賽銭箱がそのまんま金庫の上に穴が開けてある

IMG_6624_201611261411485ff.jpg

これなら安心だ



亀がやたらといる池

IMG_6626_20161126141149d82.jpg



う~ん、中華だな

IMG_6627_2016112614115122a.jpg



あひるがのんびり

IMG_6628_2016112614115278d.jpg



唐突に湖上に現れた感じの北極玄帝

IMG_6630_201611261412341bf.jpg

北を司る神様とのこと


しかし、台湾南部だけあって無茶苦茶暑い
湿気が強いし気温も30℃はありそうで汗だくになってしまった



今宵の宿へ

IMG_6631_201611261412362e5.jpg

なんだかやたら豪華でがらんとしたロビーだこと



ありがたいことに、ここでは個室であった

IMG_6632_20161126141237e6e.jpg

汗を流してベッドに寝転がりしばし休憩


夕方、宿から3分くらいのところで開かれる六合夜市へ

IMG_6633_2016112614123928b.jpg



夜市は6時からとのことでまだみな準備中

IMG_6636_201611261413161d9.jpg



うわっ、今すぐ立ち寄りたいわ~

IMG_6634_20161126141240b8b.jpg



ここも行ってみたいぞ

IMG_6637_201611261413189cf.jpg



まだ小一時間あったので皆で台湾マッサージを受けることにする

IMG_6638_20161126141319ce0.jpg



足裏マッサージは前回で懲りたので、今回は1人全身マッサージを受けることにした
皆は足裏マッサージを受けている

IMG_6639_20161126141321ca3.jpg

そんなに痛くはなかろうと思っていたが、前回の足裏マッサージみたいにやけに痛い
筋や筋肉の間を硬い指でグリグリ押してくる
これでは痛みでちっともリラックスできないのでもうちょっと弱めでお願いする
それでも痛かったが、まぁそのうち慣れてうとうとした
でもタイ式マッサージの方がいいな
そういえば、Dの悲鳴が聞こえていたっけ



足裏組は早々に終わり、夜市のど真ん中に席を取って飲み始めていた

IMG_6640_20161126141322479.jpg



よっしゃ、カンパーイ!

IMG_6643.jpg



この巻貝のニンニク炒め、ものすごく美味い
カニの唐揚げもさっくさくだ

IMG_6641_20161126141333f7c.jpg

ビールが進む進む



近くの屋台で豚足の煮込みを買ったが、これはゼラチンが多いばかりでそんなに美味しくない

IMG_6644_201611261413364ef.jpg



近くの海鮮料理店が出している屋台でいろいろ頼む
茹でイイダコはわさび醤油で食べる

IMG_6645_2016112614133790a.jpg



アサリの炒め物

IMG_6646.jpg



マテ貝の炒め物

IMG_6647.jpg

こういう炒め物にはたいてい九層塔という台湾バジルが入っている
香りが独特だが慣れると美味い



近くの海鮮料理店からビールもじゃんじゃん頼む

IMG_6648.jpg



さらに屋台を歩き回って蚵仔煎(オアジェン、牡蠣入りオムレツ)も購入

IMG_6649.jpg

片栗粉がたっぷり入ったオムレツはでろっとした独特の食感
甘いソースはあまり好きじゃない


やっぱり臭豆腐は外せない

IMG_6650_20161126141355f17.jpg

臭いけど外はサクサクで口に入れると臭さが旨味に変わる



カラスミを出している屋台もあった

IMG_6651.jpg

贅沢だね~



石斑魚という香港や台湾では高級魚とされている魚の専門店

IMG_6653.jpg

でも作ってもらったのは後ろに見えるA菜の炒め物



やっぱり美味しい

IMG_6654_20161126141415c9f.jpg



炒飯の専門店もある

IMG_6655_20161126141416501.jpg



金頭炒飯という屋号

IMG_6656_20161126141418d1d.jpg

なぜ金頭なのかはおじさんを見ればよくわかる



手際よくちゃっちゃっと炒飯ができた

IMG_6657_20161126141419248.jpg



醤油の匂いも香ばしく、昨日食べた炒飯より断然うまかった

IMG_6659.jpg



屋台めぐりしている間に頼んであった伊勢海老

IMG_6660.jpg



さらに活き海老の塩焼き

IMG_6661.jpg

身が甘くて香ばしい
ミソも旨し


夜市を堪能した後は、腹ごなしに延々歩き、高雄を流れる愛河のほとりへ

IMG_6662.jpg



観光クルーズがあったので乗ってみる

IMG_6663.jpg

我々と日本人観光客数組以外はみんなカップルであった



気持ちいいねェ~

IMG_6664.jpg


IMG_6668.jpg


IMG_6671.jpg


IMG_6672.jpg


廃船が静かに佇んでいた

IMG_6674.jpg



今度はあのホテルに泊まるか、、

IMG_6677_201611261415129cb.jpg



巨大な龍の像

IMG_6680_20161126141514b32.jpg

河口付近まで行って20分ほどで上陸した


またぶらぶら歩いて宿に帰る

IMG_6681_20161126141515a4e.jpg



どこかにバーでもないかと再び外出
どうやら台湾にはあまりバー文化が定着していないみたいで、カフェはあるがバーは滅多にお目にかかれない
仕方ないのでまた夜市へ行き、酒やつまみを補充することにする

ふと見ると台南担仔麺の文字を発見
これも食べたかったので、腹はさほど減っていないが1杯注文

IMG_6684.jpg



ちゃっちゃっちゃっと作ってくれる

IMG_6683.jpg



碗は小振りなのでズズッと食べられる

IMG_6685.jpg

あぁ、久しぶりのこの味



さらに羊串もあったのでDと頼む

IMG_6688_20161126141534f87.jpg


IMG_6689.jpg


あまりクミンが効いておらず期待した味ではなかったのが残念

IMG_6691_20161126141537035.jpg

このあと甘栗に白ワインを買い込み宿で飲み直し
Dは高粱酒と檳榔でまたまたハイになっていた、、、
スポンサーサイト

| 旅行 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astaroth1204.blog46.fc2.com/tb.php/4128-f5618fe3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT