>">Deep Sigh

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイン検定

昼過ぎに馬車道のイタリアン「ダルジェント・クローチェ」へ

IMG_4054_20160418122111b32.jpg

本日はここでソムリエ協会主催のワイン検定が行われる
たまたまこちらで知り合った内科医でワインエキスパートの方からお誘いを受け、いつもは雑多に飲んでいるワインについて、その知識を系統だててみようかと思い、検定を受けてみることにした


初めはブロンズクラスからだ

IMG_4056_201604181221133df.jpg

90分のテキストを使った講義を終えたら(出題されるであろう箇所は丹念に教えてくれる)、40分の筆記テスト
合格は5割以上であるが、ま、これは誰でも合格するだろうという内容
10分もかからずに終える
他に10人ほど受験者がいたが皆20分もかからず終えすぐさま採点
結果、全員合格であった
一応満点であったが、ま、なんというかケアレスミスさえなければ誰でもとれる
認定カードとバッジをくれるらしいが、この内容じゃあまり自慢にもならんなぁ


出題されたチーズの実物をみせてくれた

IMG_4057_20160418122114f12.jpg



さて、テストが終われば懇親会
過去にブロンズクラスを受けた方やさらにシルバークラスの方なども加わった

IMG_4058.jpg

ま、これが楽しみで検定を受けたようなものだ
久しぶりのダルクロの料理に期待が高まる


これから出てくるワインは全部ブラインドテストがなされる
最高点だと次回の懇親会が無料となるとあって皆盛り上がっている
ブロンズクラスの能力を活かしてがんばるぞ~!

IMG_4059_20160418122117b64.jpg

と、威勢は良かったが、全然わかりましぇーん
ブロンズクラスのレベルを全然超えていてエキスパートレベルの問題ばかりで、原産国やブドウ品種、生産年など、4択問題じゃなかったらとても答えられなかった
4択でもからっきしだったけどね、、、
でも、ワインが若いか熟成されているかはなんとなくつかめたような気がする


ぷりぷりの目鯛のカルパッチョ

IMG_4062_20160418122129683.jpg



筍とホワイトアスパラのグリル

IMG_4063_20160418122130c15.jpg

桜海老のほのかな塩味がいいね~
ホワイトアスパラと筍のシャクシャクとした食感がまた楽しい
画像を撮り忘れたが(ブラインドテイスティングに夢中になってしまったワイン画像を忘れてしまった)、白ワインがよく合った

テーブルの皆で、あーでもないこーでもないと言いながらテイスティングをするのはなかなか楽しかった
同テーブルにワインエキスパートの方がいたのでその意見を拝聴し参考にしてみるのだが、その方すらも間違ったりしているのであまり当てにはならないところもあったが、そのグダグダな感じも楽しかった


ペンネ・リガーテ

IMG_4065_20160418122132f1a.jpg

たっぷり絡まったバターソースと仄かに香るセージの香りがいい



これには2種のロゼワイン

IMG_4067_201604181221335c3.jpg

同じ国のロゼなのにこんなに違うのも面白い



メインの赤ワインは慎重にデキャンタ―ジュされていた

IMG_4069_201604181221358f7.jpg



低温ローストされた豚バラ

IMG_4072_201604181221469e1.jpg


切り分けられてフォン・ド・ボーソースで

IMG_4073_20160418122148910.jpg

低温でじっくり焼き上げられ、肉と脂の旨味がすごく活性化されている
ソースもいい
付け合せの蕪や生のマッシュルームもいいアクセントだ



デキャンタ―ジュされた赤ワインを糸のように細くグラスへ注ぐ
香りも味わいも膨らんでくる

IMG_4074_201604181221505bf.jpg



デザートは栃乙女のスープ仕立て、ピスタチオのジェラート共に

IMG_4075_201604181221514f0.jpg

ここでとっておきの甘口ワインが出されてそのマリアージュに陶然となった


本日のブラインドテストのワインたち

IMG_4076_201604181221526aa.jpg

最高点はシルバークラスの方であったが、本日受けられたブロンズクラスの方があるワインの原産国や年代、品種を3つともピタリと当てられ賞賛の嵐であった

シルバークラスのテキストを見せてもらったがその厚みもかなり増し、覚えることも多岐にわたる
でも11月のシルバークラスも受けてみよっかな~
スポンサーサイト

| 外飲食 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astaroth1204.blog46.fc2.com/tb.php/3951-038a6422

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT