>">Deep Sigh

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高尾山登山

朝、午前6時起床

朝:山葵ごはんと味噌汁

DSC02430.jpg

おろしたての山葵とおかかがのっているごはんに醤油をかけまわしてわしわし食べる
実に美味い!



本日は飲み仲間有志で高尾山に登る
前回、Dと飲んだ時に、大山に登りましょうというDの誘いを酔っ払った勢いで受けてしまい、そのうち有耶無耶になるだろうと高を括っていたら本当に登ることになってしまったのである
おまけに子供たちも一緒に登ることになった

しかし、事前調査で大山は現在、ケーブルカーの大幅改修のため秋まで運行せず、ケーブルカーなしでは初心者にはかなりきつい山行となるらしいので急遽高尾山に変更となったのだ


高尾山って結構遠いイメージがあったのだが、中央道が開通した今、自宅から小一時間で行けてしまう
午前7時に車で職場へ向かい、3人同乗させて現地へ赴く
中央道の厚木PAでD達と合流
そこから20分ほどで到着
ホントにあっさりと着いたな~


公共の駐車場はもうすでに満車に近いため、個人経営の駐車場(終日1000円)に停める


午前9時の高尾山

IMG_0850_201506081141213e9.jpg

もう山登りの人でいっぱいであった


天気は晴れているが暑すぎず寒すぎず
時折吹いてくる清涼な風が心地よい

ケーブルカーを使わず登る
1号路というルート(6号路まである)を使う
舗装が行き届いていてちょっと拍子抜け




要所要所に配置されている六根清浄

IMG_0853_201506081141235c1.jpg


魂を浄化させておけよ

IMG_0854_20150608114124155.jpg



舗装はされているが坂は坂である

IMG_0856.jpg


がんばれ~

IMG_0858_201506081141509b0.jpg


普段走っていたし、この日のためにスクワット50回もやっていたのでそんなに辛いことはなかった
時折、トレイルランニングしている人のまねをして走って登ったりもした
でもやはり高所は空気が薄いせいか調子に乗ると息が切れた


ケーブルカーの終着点まで登ると視界が開けた

IMG_0860_20150608114151531.jpg



いい眺めだな~

IMG_0861_20150608114145e72.jpg



薬王院の山門

IMG_0867.jpg



薬王院へはこの階段を上っていく

IMG_0868_201506081141485fc.jpg

迂回路もあるが、あえてこちらを上る



また調子に乗って走って上ったら、最後の5段くらい足が上がらなかった、、、

IMG_0870.jpg



お参りしていこう

IMG_0873_20150608114204b4d.jpg



本尊は薬師如来だが、いたるところに天狗がいる

IMG_0876_2015060811421061b.jpg



修験道の修業の場として繁栄したためであろう

IMG_0878.jpg



Dの適当な解説を聞いている子供たち

IMG_0880.jpg




IMG_0881_20150608114229c0a.jpg



薬王院を抜けちょっと登るともう頂上であった

IMG_0883_20150608114230720.jpg

あららなんだかあっけなかったね



午前11時前、頂上はもう人でいっぱい
団体さんや外国人もいっぱい
山頂の茶屋では一杯ひっかけている人たちやジョッキの生ビールを持ってうろうろしている人たちもいた
いいな、、、車だから飲めないな~


皆でお弁当

IMG_0886_20150608114226e35.jpg

コンビニのおにぎりだけどやたらと美味かった


山頂は涼しく、風が吹くと寒いくらいになったのでウインドブレーカーを着こむ


しばらく頂上をウロウロしたが、景色も堪能したし人も多いので、30分くらいで下山することにした
登りと違い、稲荷山を通るルートで下山


かなり長い階段を下る
上っている人は結構涙目

階段がなくなると山道
こちらは舗装もされておらず本当に山道だ
剝きだしの土に木の根っこが張り巡っていて歩きにくいことこの上ない
さらに勾配も急だ
こちらを登った方が登山らしい山行を期待出来たろうな

IMG_0887_2015060811422750d.jpg

途中、長女が足を挫いたため、しばし休憩
湿布をしてストックを借りてゆるゆる下山した

1時間半ほどで下山
登るよりも下る方が足に来るな~


午後1時に高尾山口に到着
低い山であったが皆で健闘をたたえ合う

登山とは言えないものだけど、爽やかな空気を吸い、心地よく体を動かせた
たまには山に登るのもいいな


留守番の妻と次男のために酒まんじゅうと夕食用にとろろそばを購って帰る


午後3時には帰宅
ふかふかの酒まんじゅうはことのほか美味しく、次男もまるまる一個食べていた



さて、飲んべいが山に登った後は当然飲むでしょ!
という訳で、皆一旦帰宅して着替えて、再集合


トツカーナにある海鮮居酒屋「きじま」にて打ち上げ

よっしゃ、カンパーイ!

IMG_0889.jpg



玄海盛りなる刺身盛り合わせ

IMG_0890_2015060811424299c.jpg



こちらは活きイカの姿造りが売りのようだ

IMG_0891.jpg

捌きたてのイカはコリコリしてほんのり甘く美味い



その他の身はあとで塩焼きか天婦羅が選べる

IMG_0892_20150608114245952.jpg



サンガ焼き

IMG_0895.jpg



天ぷら盛り合わせ

IMG_0896_2015060811424040d.jpg

専門店の塩でいただく天ぷらも美味いけど、天つゆをたっぷりつけて食べる天ぷらも好きだ



清酒は当然飲む

IMG_0897_20150608114257d38.jpg

結構銘柄が揃っているので4合ほどお替りした



雲丹、甘し!

IMG_0899_2015060811430377f.jpg



厚焼き玉子

IMG_0901_2015060811425998a.jpg



鯛の粗は骨までしゃぶる

IMG_0902_20150608114300bfc.jpg



〆に鯖寿司

IMG_0903_20150608114302a37.jpg

皆でがっつり美味い魚を食べるにはいい店だ


午後8時にはお開き
皆、地下のパン屋で明日の朝ごはんを調達するようなので、ついて行って見ているうちについつい買い込んでしまう
と言っても自分は朝はジュース程度なので子供たち用のパンである
カレーパンにクリームの菓子パン、食パンなど

帰宅、午後9時前
余りの帰宅の早さに妻が驚いていた

スポンサーサイト

| 外飲食 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astaroth1204.blog46.fc2.com/tb.php/3685-5d443b49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT