>">Deep Sigh

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胃カメラ

午前の外来が終わったらそのまま内視鏡室へ

初めての胃カメラ
経鼻か経口が選べ、えずくのが嫌なので経鼻を選んだ
口に麻酔を含んでうがい、さらに鼻に2度、ゼリーを塗ったチューブを入れて鼻腔を広げる処置をする
麻酔はあっという間に効き、嚥下機能が麻痺して唾を飲み込むのも難しくなった
こんなに効くものなんだな

鼻からカメラを入れる
鼻柱湾曲ぎみなのでつねに鼻の中が押される感じがあってそれが辛い
麻酔していなかったらもっと辛かったろう

咽頭から食道をカメラが通っていくのがはっきりと意識される
胃を膨らませるために空気をどんどん送り込んでいるので徐々にお腹が張ってきてゲップを我慢するのがなかなか大変だ
カメラを反転させる動きも伝わってきてなんだかそれも嫌な感じがする
唾は嚥下機能が麻痺して飲みこめないので垂れ流しの状態である


目の前に患者用のモニターが置いてあるので、今どの辺を見ているのかどのような状態なのかが一目瞭然である

胃と食道の接合部付近に異所性胃粘膜があった
病的な意味はあまりない
あと、たまにそのあたりで逆流するせいか粘膜が少々荒れた感じになっていた

胃内は殆ど異常なく、萎縮もあまり見られず粘膜は正常
ただ幽門周囲にタコいぼ状のびらんっぽいものがあった

十二指腸も問題なし

まぁ、経過観察のみで大丈夫との見解であった

先日の右季肋部の違和感の原因となるものはやはり見当たらなかった

初めての胃カメラだったが、鼻からやったせいかげーげーえずくこともなく、嫌な感じがしただけであっさりと終った
ただ顔半分が涎だらけになっていた
年一回の施行を勧められる


初めて胃カメラをやり患者さんの立場になってみていろいろ手技的に反省
最近はあまり胃カメラをやることはないが、今度やるときはこれを活かしてみよう



今宵は軟禁

晩:ガスト宅配
ポークカレーとハンバーグ、チキン南蛮

IMG_0847.jpg



このところKindleで漫画「キングダム」を読んでいる
2006年から連載しているそうで今も続いている
先日からなんとなく読み始めてみたところ止まらなくなって、今のところ37巻まで出ているのだが、大人買いしてしまった
秦が中国を統一するまでの壮大な物語で、登場人物も多いがその一人一人が魅力的に描かれていて、思い切りその世界に魅せられてしまったのである
次巻発売が待ち遠しいな
スポンサーサイト

| other... | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astaroth1204.blog46.fc2.com/tb.php/3683-98846ae1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT