FC2ブログ

>">Deep Sigh

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

霧島・指宿旅行 3日目

午前7時半起床
長男と朝風呂に入る


バイキング会場では各テーブルにバイキングマップがあって便利

resize8399.jpg



う、朝カレーもそそられるな~

resize8400.jpg



今日は和食で

resize8401.jpg



さらに女将さんオススメの鰹節をたっぷりかけた出汁茶漬け

resize8402.jpg

これはするする入ってなかなか美味しいね



午前10時にチェックアウトし、また妹の運転で鹿児島市内を目指す
1時間ちょっとで到着

照国神社

resize8403.jpg



西郷さんの銅像も久しぶり

resize8404.jpg

予備校時代はよくこの辺通ったな



と、ここいらで元号の発表があるためラジオをつける
発表された時、電波の状態が微妙に悪く「レイラ?」「ゲイラ」「メイワ」などと皆で確認し合うが、ようやく「レイワ」と確認できた
でもアナウンサーがレイは年齢の齢と言うものだから「齢和?なんじゃその組み合わせは?」と訝しがったが、iPhoneの動画でようやく確認
うーむ、、慣れるまでしばらくかかりそうだな
でも「平成」が発表された時の空気が抜けたような感じはしなかった



「仙厳園」へ
ここは薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園である

resize8405.jpg

あれ?ここ昔は「磯庭園」って言ってなかったっけ?
小学校の修学旅行以来だな



そう、このぢゃんぼもち(両棒餅)を食べた覚えがあるんだよ

resize8406.jpg



鹿児島の剣法「示現流」の展示室でビデオをしばし観る

resize8407.jpg

「キエーッ」と独特の猿叫という発声をしながらひたすら敵に打ち込むのがこの流派の特徴だ
打ち込みが凄すぎて幕末で薩摩の軍隊と戦ったあとには兜ごと頭を割られた死体がゴロゴロしてたそうだ



庭園の外はすぐ海だ

resize8408.jpg



しばし散策

resize8409.jpg



桜島がよく見えるな

resize8410.jpg


resize8411.jpg


resize8412.jpg




resize8413.jpg


resize8414.jpg



庭園の山側にもずっと道が続いている

resize8415.jpg



島津藩主の別邸へ

resize8416.jpg



表の見た目よりかなり広い

resize8417.jpg


resize8418.jpg


resize8419.jpg


resize8420.jpg


resize8421.jpg


resize8422.jpg



執務室からの眺め

resize8423.jpg

桜島を眺めながら執務をなされてたんだね



寝所

resize8424.jpg



お風呂

resize8425.jpg





resize8426.jpg

毎日御殿医が便を検めていたという



昼時なので併設のレストランへ

resize8427.jpg



全く運転する気がないのでカンパーイ!

resize8428.jpg



次男は黒豚うどん

resize8429.jpg



季節膳は鹿児島の味覚がいっぱい

resize8430.jpg

2泊3日で体重増えたな、、、



ぢゃんぼもちは入らない、、、

resize8431.jpg



鹿児島空港まで送ってもらい皆と別れる

resize8432.jpg



午後7時過ぎに帰宅
とりあえず次男を風呂に入れてから半身浴1時間


え?ビールないの、、、
仕方ないので残っていた白ワインを炭酸で割ってガブガブ飲む

resize8290.jpg



空港で買ってきた薩摩揚げ

resize8291.jpg



先日買った美味しいキムチ

resize8292.jpg



さらにチャンジャ

resize8293.jpg



鹿児島ラーメンで〆た

resize8294.jpg

久しぶりに両親や家族と過ごした旅行であった

スポンサーサイト

| 旅行 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霧島・指宿旅行 2日目

午前7時半に起床し長男と次男を連れて朝風呂
毎朝温泉に入れる生活をしてみたい



朝のバイキングは軽めで

resize8363.jpg



午前9時半にチェックアウト
今回はずっと妹が運転してくれた



いたるところから湯気が立ち上っている

resize8364.jpg



桜と菜の花両方咲いている

resize8365.jpg



お、海に出た

resize8366.jpg



よく見ると桜島だ

resize8367.jpg



久しぶりだな~

resize8368.jpg

鹿児島市側からではなく裏から見る桜島も久しぶり



道の駅で休憩

resize8369.jpg



焼き牡蠣売っていた

resize8370.jpg


resize8371.jpg

身がぷりっとして美味しい
道の向こう側には牡蠣小屋があった
鹿児島って牡蠣採れたんかいな



行く先に常に桜島がある感じ

resize8372.jpg


角度角度で様相が違う

resize8373.jpg

常に噴煙を上げていて、どこもかしこも火山灰で覆われている
中古車屋のずらりと並ぶ車も灰で覆われていて店の人も掃除するのを諦めた感じがある



桜島からフェリーに乗り込む

resize8374.jpg


resize8375.jpg


resize8376.jpg



ものの15分くらいで鹿児島市へ到着

resize8377.jpg



こちらからは見慣れた桜島だ

resize8378.jpg



鹿児島ラーメンが食べたいのでフェリー乗り場近くにある「我流風(がるふ)」というお店へ

ま、とりあえず一杯飲みます

resize8379.jpg



黒豚餃子、ま、普通

resize8381.jpg



久しぶりの鹿児島ラーメン

resize8380.jpg

ちょいとパンチがないかな



店の前で始まった大道芸をしばし見る

resize8382.jpg

これまで鹿児島でパフォーマンスしていたが、来週からは東京へ移り早速東京タワーでの大会に出るそうだ
うーん、、、ミスも多いしボールを使った芸も地味だな~、、、中国独楽もよくあるしね
野毛とか山下公園とかでいろいろ見たけど全然レベル高いよな~、、大丈夫かな~、、、



1時間半ほどかけて指宿へ
今日のホテルは海がばっちり見える

resize8383.jpg


resize8384.jpg




指宿は砂蒸し風呂が有名なのだが、ここのホテルではやっておらず、専門の施設までシャトルバスが出ている

resize8385.jpg

さっそく皆で向かう
施設で出される浴衣に着替える
下着はつけない


観光客でいっぱいで外人さんも多い

resize8386.jpg




が、10分ほどの砂蒸しが目安なので割とサクサク案内される

resize8387.jpg

スタッフが総出で皆を埋めている



砂がかかると全身がどっしりと重くなると同時にじんわりと温かくなってくる
全身の血の巡りが良くなったような感覚が沸き上がる

resize8388.jpg

子供たちはきゃーきゃーはしゃいでいた

終わると施設の温泉で砂を落としてから湯に浸かり帰る
折角なのでホテルに帰ってからも温泉に入る
海を一望できる露天風呂に一人貸切状態で寝そべりしばし星を眺めていた



さて二日目の晩餐だ

resize8389.jpg


resize8390.jpg



温泉旅館の料理をちびちび食べながら飲むのも好きなんだよね

resize8391.jpg



鹿児島名産のきびなごの南蛮漬け、美味しい

resize8392.jpg



刺身にもきびなごが入っている

resize8393.jpg



海老、帆立、甘い

resize8394.jpg



やはり黒じょかでのむ芋焼酎のお湯割りは欠かせない

resize8395.jpg



黒毛和牛の陶板焼き

resize8396.jpg

どこでも出るけど、美味いからオッケー
炊き込みごはんで〆た



飲み直しは土産コーナーで買ってきたSAIGOハイボール
氷の自販機はなかったので届けてもらった

resize8397.jpg



あ、これサイダーだったか、、、よく見なかった
甘くて残念

resize8398.jpg

| 旅行 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霧島・指宿旅行 初日

軟禁明けて帰宅後、準備して羽田空港へ

resize8295.jpg

まだ午前11時前なのでいつもよりは人が少ない感じ
子供たちは朝早くの便で一足先に目的地へ行っている


チェックイン後は、5Fにある午前11時開店の「天政」でランチ

resize8296.jpg



口開けの客であった

resize8297.jpg



ちょっと混み始めたな

resize8298.jpg



季節のおまかせコースを注文

resize8299.jpg



旅の最初はこれでしょう

resize8300.jpg



ではカンパーイ!

resize8301.jpg



本日の天種

resize8302.jpg



才巻海老に鱚に鯛の白子に稚鮎

resize8303.jpg



筍に京都産の大黒しめじ、空豆

resize8304.jpg



天婦羅には天つゆと塩とレモンの他に、塩麹や練り梅もある

resize8305.jpg



生ビールの後はグラスの白ワイン

resize8306.jpg



才巻海老、身が甘い!

resize8307.jpg



鱚はふわふわ

resize8308.jpg



そら豆は風味が引き出されていてサクサクだ

resize8309.jpg





resize8310.jpg



食べやすいように切って出してくれる

resize8311.jpg

美味いね~



鯛の白子は中とろとろ

resize8312.jpg



冷酒へ移行

resize8313.jpg




凛とした感じの稚鮎

resize8314.jpg

ワタのほろ苦さがいいね



若い職人さんだが美味しく揚げてくれる

resize8315.jpg



大黒シメジ

resize8317.jpg

中までホクホクしている



穴子は天つゆにどぶんと浸して食べる

resize8319.jpg

塩麹や練り梅などもいろいろ試してみたが、どれもなかなか美味しかった



天種もこれで終わりなので追加注文する

resize8316.jpg


resize8318.jpg



ホワイトアスパラ

resize8320.jpg

ホクホクしている



蕗の薹とタラの芽

resize8321.jpg

山菜の天麩羅って好きだな~



蓮根も外せない

resize8322.jpg



大アサリは旨味がいっぱい

resize8323.jpg



牡蠣は海苔で巻いてある

resize8324.jpg


resize8325.jpg

いやぁ~、美味しかった



〆は石焼天雑炊

resize8326.jpg

白魚と三つ葉のかき揚げが乗っている



出汁をかけて混ぜ合わせて食べる

resize8327.jpg



この食べ方は初めてだけど美味しいね

resize8328.jpg

久しぶりに天婦羅を堪能しました



時間までぶらぶらする

ん?手話フォン?

resize8329.jpg


resize8330.jpg

おーなるほど、オペレーターを介するわけだな



ずんだ茶寮で目にとまったどら焼き

resize8331.jpg



バター入り!

resize8332.jpg

これは絶対おいしいぞ!と試食させてもらったらやっぱり美味しかったので手土産に買う



さて、出発

resize8333.jpg



久しぶりにチビのいないフライトで静かでした

resize8334.jpg



定刻通りに鹿児島空港着

resize8335.jpg

足湯もあるんだね


妹の運転で一路霧島へ


1時間ほどで霧島神宮着

resize8336.jpg


resize8337.jpg


resize8338.jpg



さざれ石

resize8339.jpg



国歌にでてくるさざれ石の実物だ

resize8340.jpg

確かにこれが出来るまでは年月がかかるな



境内は外国人観光客多し

resize8341.jpg


resize8342.jpg



ご神木

resize8343.jpg



手水舎で清めてから参拝

resize8344.jpg


resize8345.jpg



その後、今宵のお宿へ

resize8347.jpg



ここは体育館くらいあるだだっ広い混浴風呂が有名(但し女性専用の時間帯もある)

resize8346.jpg



龍馬ゆかりの宿とのこと

resize8348.jpg



大浴場の案内

resize8349.jpg



部屋は和洋折衷

resize8350.jpg


とりあえず温泉に浸かる
ここ霧島地方は有数の火山地帯なので硫黄泉で有名だ
お湯の質がすごく良く肌がしっとりすべすべになる


温泉から上がったら午後7時半から個室で晩餐

resize8351.jpg



お子様用の食事も美味しそうだ

resize8352.jpg



定番の温泉旅館の食事

resize8353.jpg

こういうのでいいんだよ



今回は両親の金婚式を祝うという主旨の家族旅行なのである

resize8354.jpg

孫たちのお祝いの言葉から始まった



前菜をちびちび食べながら酒を飲む

resize8355.jpg



鹿児島名物の酒寿司

resize8356.jpg

酒は弱めだった



お造り

resize8357.jpg



黒豚のしゃぶしゃぶ

resize8358.jpg



あくまきの揚げ物

resize8359.jpg

灰汁巻は南九州独特の和菓子?なのであるが、あんまり食べた記憶がない



地元黒毛和牛の石盤焼

resize8360.jpg



お祝いなのでその場で炊かれた赤飯が出た

resize8361.jpg

金婚式おめでとうございます
これからも健康で仲良く長生きしてください



部屋に帰って飲み直す

resize8362.jpg

| 旅行 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮古島旅行 最終日

午後7時どんよりと起床
うー、、まだ酒が残っている~、、まだ寝ていたい~、、、
でも今朝は午前8時からのシーカヤックと鍾乳洞見学を予約していたのである

まだ空もどんよりだ、、、

resize5912.jpg


むこうはホテル併設のゴルフ場

resize5911.jpg



シーカヤックの乗り場は昨日行った海宝館の中にある

resize5913.jpg

お、晴れはじめたぞ



では、出発!
川カヌーを大学時代にやっていたが、カヌーを漕ぐのは25年ぶり
でも漕ぎ始めると昔の感覚が蘇ってきた

45337762_547328812357386_5698119964708306944_n.jpg

前に座っている雨女がとろいオール捌きをしているがそれを凌駕して進む



鍾乳洞の入り口は目立たないくらい狭い

aaa.jpg

朝早い理由は、潮が満ちてくると入れなくなるからだ



パンプキンホールという名の鍾乳洞
ここはパワースポットとしても有名なようだ

45338132_1906100903018641_3843968010201071616_n.jpg

なるほど、パンプキンが迎えてくれる


ガイドのお兄さんが1枚撮ってくれた

45282985_2052353378157541_7685697023885967360_n.jpg



パンプキンの脇に梯子を立てかけてその奥へ進む

45282979_723156301390553_8396680485522112512_n.jpg



中は撮影禁止

45308948_2256474534586325_7595516660723744768_n.jpg

ユタと呼ばれる霊媒師が身を清める場所でもあるそうだ
(なんでガイドのおにいさんは撮ってるねん?!という突っ込みは大人だからしなかった)

壁の泥をパックみたいに顔に塗ったり、それを鍾乳洞の上から流れてくる硬水で洗ったりと皆できゃあきゃあ言いながら過ごす
(参加者は10数名いました)


さて、最後のイベントはパンプキンの上からのジャンプ

45166273_309343959664422_7597022940114190336_n.jpg

ここからジャンプすると願い事がかなうそうだ



ジャンプを前に記念撮影

45412389_331644170970319_5337979994796720128_n.jpg

皆、緊張しながら、女性群は怖がりながらも3mの高さを飛び下りることができた


ふぅと一息
鍾乳洞から出て浅瀬へ戻る
かなり潮が引いていてカヤックでは戻れないということでビーチまで歩いて帰らざるを得なくなった
今何時かな~、、とアップルウォッチを見ると、あれ?ない!
ラッシュガードの袖をまくってみるもどこにもない
鍾乳洞内で一度時間の確認をしたときには付いてたのに、、、
あー、これはパンプキンから飛び込んだ時だ

45412389_331644170970319_5337979994796720128_n11.jpg

アップルウォッチのベルトを中国製のちょいとちゃちな奴に付け替えていたのだ
飛び込みの衝撃で外れてしまったに違いない
あ~、、どうしよう、、飛び込んだところは足が全然立たないくらい深いんだよな~
ゴーグルもないし、ホテルのチェックアウトは11時だし諦めるか~と思ったが、ガイドのお兄さんに事情を話すと、「僕があとでゴーグルとシュノーケル持って探してみますよ」と言ってくれた
すいませんよろしくお願いします!と一旦海宝館まで戻りシャワーを浴びて着替える
待つこと10数分、「ありましたよ~」とおにいさんがアップルウォッチを持ってきてくれた
うおー、凄い、ありがとう!!
感謝感激だ
また宮古島に来たときには寄らせてもらおう

ジャンプしたときの願い事はこれでチャラだ
ただパワースポットの鍾乳洞で清められたこのアップルウォッチはラッキーアイテムになったと思う


沈んだ気持から一転、宮古島の晴れた天気のように晴れやかだ(単純)
ホテルで荷物を車に積んでチェックアウト

N美ちゃんが冷蔵庫に残っていた缶ビールを何気に渡してくれた

resize5914.jpg

えー、、今日こそ運転変わろうと思ったのにー(棒読み)



カヤック漕いだしパンプキンからジャンプしたしアップルウォッチで感情の起伏がアップダウンしたし二日酔いからもすっきり醒めたしお昼も近いのですぐに食堂へ向かうことを提案

町中にある「大和食堂」

resize5915.jpg

ここも人気なようで店外には誰も人がいなかったが店内は満席
でも5分くらいで座ることができた


ここでもソーキそば

resize5916.jpg

ここのスープも前の店と違う
ここのはあっさりだがじんわりとした旨味がある
ソーキもやわらか~


ついでに焼飯を頼んでみんなで食べる

resize5917.jpg

昔、母親が作ってくれたような感じのする焼飯で美味い



美しい景色で有名な砂山ビーチへ

resize5919_2018110517522942f.jpg



ガジュマルの樹

resize5918_201811051752280e2.jpg



立派だな~

resize5920_20181105175230f62.jpg



しかし暑い暑い
30℃はありそうで汗が噴き出す
こりゃ、夏のオンシーズンは無理だな
雨なら雨で文句を言い晴れなら晴れで文句を言う


歩きづらい砂山を上りきると美しいビーチが広がる

resize5921_20181105175231098.jpg



宮古島の美しい景色がやっと見られたよ

resize5922_201811051752333ad.jpg


resize5923_20181105175234149.jpg


resize5924_20181105175236795.jpg


resize5925_201811051752379d5.jpg


resize5926_201811051752396d7.jpg


resize5927.jpg



シュノーケリングしている人がいた

resize5928_20181105175242eeb.jpg



うーん、やっぱり来てよかった

resize5929_20181105175243eb1.jpg



続いて伊良部島へ

resize5930_2018110517524552a.jpg



伊良部大橋が美しい曲線を描いている

resize5931.jpg



車がいなくなったのを見計らって道の真ん中から撮影

resize5932.jpg



伊良部島の展望台に唐突にいたシラサギ

resize5934.jpg



resize5939.jpg



ここからの眺めも最高だね

resize5935.jpg


resize5936.jpg


resize5937.jpg


resize5938.jpg


resize5940.jpg

またいつか家族を連れてきてみたいな



空港へ

resize5942.jpg



出発前に軽く一杯

resize5941.jpg



機内でも一杯

resize5943.jpg



空港で買ったこの島唐辛子入りの魚肉ソーセージが侮れない辛さ

resize5944.jpg



機内のおつまみセットも気が利いている

resize5945.jpg



あ~、、旅が終わる~

resize5946.jpg

空港からは大荷物を持ってフラフラになりながら京急で帰る


でも真っ直ぐには帰りません
保土ヶ谷の「千成鮨」へ

resize5947.jpg



無事に帰ったね~の乾杯!

resize5948.jpg

あ、そういえば旅行前もこの仲間と寿司食べたんだ



秋刀魚の刺身

resize5949.jpg



里芋と蕪のすり流し

resize5950.jpg

これは美味い



皮剥ぎの肝和え

resize5951.jpg



魚卵と大根の煮物

resize5952.jpg



皮剥ぎの薄造り

resize5953.jpg



ビールの後はおまかせの冷酒

resize5954.jpg



越前くらげと煮凝りのサラダ

resize5955.jpg

こういうつまみも嬉しい



山葵の茎の三杯酢

resize5956.jpg



澤屋まつもとの守破離

resize5957.jpg



穴子の山椒煮

resize5958.jpg

付け合せの奈良漬けは親戚の方が漬けたという
一般的な奈良漬けとはちょいと違うがいいね



次は喜久酔

resize5959.jpg



鵡川のシシャモ

resize5960.jpg



〆に7貫握ってもらう

resize5961.jpg



サービスで出してくれたテキーラ

resize5962.jpg

嬉しい、でもまた明日残っちゃうよ~



デザート食べて〆る

resize5963.jpg

ホントに旅が終わった
何キロ太ったんだろ、、、

| 旅行 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮古島旅行 3日目

当然、今朝も酒が残ってどんよりですたい
それでも朝食バイキングいただきます

今日は和食オンリーで、、、

resize5847.jpg



と思ったけど、洋食も食べちゃえ!

resize5848.jpg

帰ってからの体重増が怖いぜよ
不思議なことに食べ終わる頃には二日酔いが軽くなっていた


今日からホテルを変えるので荷物をまとめてレンタカーに詰め込む


その後、ホテル近くの海ぶどうの養殖&直売所へ

resize5849.jpg

ん、、閉まってる


養殖場にいたおにいさんに訊いてみると、直売はやめているとのこと

resize5850.jpg

お店への搬入が多すぎて直売の量は確保できなくなった由
そんなに人気があるのか~


ちょいと養殖場の中を見せてもらう

resize5851.jpg


resize5852.jpg

海ぶどうがいっぱい漂っていた



次に「海宝館」という貝の博物館へ

resize5853.jpg



珍しい貝が程よく展示されているのだろうと思いきや、、

resize5854.jpg


奥に長ーく続く陳列台のに無数の貝が並んでいた

resize5855.jpg



resize5856.jpg



resize5857.jpg



resize5858.jpg

結構圧巻でした


お土産物コーナーも充実していて泡盛の試飲もさせてくれた
あ、運転代わろう思っていたのにー(棒読み)
泡盛やらスイーツやら乾燥モズクやらをまたまた大量に買い込む


サービスでもらったシークワーサージュース

resize5859.jpg

甘いけどさっぱりしている


今日のホテルに荷を預けてすぐに出かける


昨日行った島の西端あたりへ向かう

resize5860.jpg


ワンコ

resize5861.jpg



島の名産品の雪塩の工場見学へ

resize5862.jpg


雨のせいか見学客は少ない、、、

resize5863.jpg



じゃなくて工場が工事中で見学やっていないんじゃんか~、、、!!

resize5864.jpg

海ぶどうにもふられ工場見学にもふられたか、、、おまけに雨でとことんついてないの~



と、そこで「ガタン、バラバラバラ~、、」の音
雨女、試食のキャンディの蓋開けようとしてばらまきよった、、、

resize5865.jpg


あいつアホでしょうー

resize5866.jpg


ここではパウダータイプの雪塩を購入

resize5867.jpg

件の雨女はばらまいたキャンディを数袋買っていた
ま、そりゃ当然だよな~



雪塩を使ったソフトクリーム
雪塩が甘みを増してくれて美味い

resize5868.jpg

トッピングの抹茶やわさび粉、島唐辛子などをかけるとまた微妙な美味さになる



くつろぐワンコ

resize5869.jpg



隣接する貝の売店

resize5871.jpg

ここのおじさんが昔、横須賀で仕事をしていたそうで横須賀出身のDと話が弾んでいた
運転免許は二俣川で取ったとのこと



お昼を過ぎて腹も減った
次に向かうは内外のお客さんに人気の食堂「丸吉食堂」
雨の中着いてみるとやはり待ち人が結構いた

resize5872.jpg

でも回転も速く15分くらいで席に着くことができた



え?みんな飲まないの?

resize5873.jpg


一番人気のソーキそば

resize5875.jpg

このソーキがホロホロで甘辛く煮てあって実に美味い
ここのスープはニンニクが効いていてちょっとジャンクだが美味しい
麺もボリュームたっぷりだ


味に飽いたらコーレーグースかカレー粉をふりかける

resize5874.jpg

カレー粉を入れるとそのまんまカレーうどんになった



デザートに黒糖のシャーベットをくれる

resize5876.jpg

甘味穏やかで素朴な味わい



食堂の近くに「多良川」という昨日飲んだ泡盛の酒造があり、工場見学もできるとのことで行ってみる、、

resize5877.jpg



、、、雨の日は工場見学中止だって、、、
この、雨女め!!

resize5878.jpg



それでも試飲はやらせてくれるのでいろいろと味わってみる

resize5879.jpg

ここでN美ちゃんが「ドンキの方が安いから行こうよ」と店の人がいるにもかかわらず言い放ったので厳重注意
試飲した挙句、ドンキに行こうなんて店の人、気ぃ悪いやろーが

まぁ、それでもその後ドンキに行ってまたもや泡盛やらおつまみやらお土産やらを買い込みました
やっぱり安かったし、、、



今日のホテルはコテージタイプ

resize5880.jpg



プール付き!

resize5881.jpg



ジャグジー付き!

resize5884.jpg



まだ建って1年というのできれいだ

resize5883.jpg


resize5882.jpg

ただ、夜になるとそこかしこから小さな虫が大量に湧いてくる、、、
殺虫剤が置いてあるのはそのためか


今日の夕食会場へ

resize5886.jpg

お、ちょっと晴れたよ



島唄のライブが聴ける居酒屋「郷家」

resize5887.jpg



席は全部予約で埋まっていた

resize5888.jpg



はい―カンパーイ!

resize5889.jpg



海ぶどうと豆腐餻

resize5890.jpg

久しぶりの海ぶどう、ぷちぷちでいいね
豆腐餻もまったりとした味でこれでちびちび泡盛を飲んでいたい感じ



ラフテーのゴーヤチャンプルー

resize5891.jpg



島らっきょう

resize5892.jpg



メバチマグロ

resize5893.jpg



島おでん

resize5894.jpg



〆鯖

resize5895.jpg



にんじんしりしり

resize5896.jpg



姫シャコ貝の刺身

resize5897.jpg



フローズンシークワーサーサワー

resize5898.jpg



午後7時半よりライブ開始

resize5899.jpg



N美ちゃんと島のおじいの指笛の応酬がすごい

resize5900.jpg

他のお客さんもこっちを見てるほどだ



そのうち踊り始めた

resize5902.jpg



沖縄の踊りの講習

resize5903.jpg

なるほど、踊りのあの手の動きはそんな意味があったのか~


泡盛ロックで

resize5904.jpg



そのあと全員立ち上り、皆踊りながら店中をまわっていた

resize5905.jpg

皆知っている沖縄の唄を中心に10数曲歌ってくれ最後には2曲ほどアンコールに応えてくれた
楽しかったな~


〆に島のB級グルメで1位を獲得したという宮古焼きそば
乾麺と生麺の両方があったので両方頼む
先ずは乾麺の方

resize5906.jpg

ソースを使わないあっさりした味わいながら美味い



さらに生麺は、、、
これ麺の食感が堪らないね~

resize5907.jpg

皆お替りしていた


宴も終わり代行で帰る(3晩とも代行でした)
昨日の代行の女性運転手と同じ人だったのでまた盛り上がる



宴が終わってまた宴が始まる

resize5908.jpg

泡盛の1升瓶空けちゃったような気がする



さらに皆で着替えてジャグジーへ

resize5910.jpg

このあと皆でプールに飛び込みまくっていた気がする、、、

| 旅行 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT