>">Deep Sigh

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風防磨きとバネ棒外し

こういうものを購いました
時計の風防磨きクリームとバネ棒外し
SC06666.jpg

先日、電池交換した傷だらけの時計
SC06668.jpg

このプラスチックケースを磨きます
SC06669.jpg

数滴のせて磨くと、、
SC06670.jpg

さすがに傷は残っているものの、幾分クリアになり文字盤が見やすくなりました
SC06683.jpg


バネ棒外しが手に入ったので、妻の腕時計のベルトを交換してみます
SC06676.jpg

深紅のベルトをベージュのベルトに、、
SC06677.jpg

尾錠も交換
SC06678.jpg

華やいだ色合いから落ち着いた色合いへ、、
SC06680.jpg
ずいぶん印象が変わって、これから秋に向かっていいでしょうね、、、


さらに先日購ったタグホイヤーのベルトの長さを調整しました
SC06681.jpg
これでぴったりになりました
スポンサーサイト

| 腕時計 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腕時計の電池交換

引き出しの奥から出てきた傷だらけの時計
SC06601.jpg
私が大学生のころ何気なく買ったものです(確か1000円くらい)
海釣り用に買ったのかな~、、
電池切れによって動かなくなっていると思われます
長男が見つけて、これをはめてみたいと言うので電池交換をしてみることにしました

さらに、ドイツのユンハンスというメーカーの電波時計もずいぶん前から電池切れになっていたのであわせて交換します
SC06602.jpg
こんな古い時計に合う電池なんかあるのかな~と疑問でしたが、とりあえず裏蓋を開けて電池の型番をチェック
SC06603.jpg
家電量販店で見つけることができました

精密機械用のドライバーを準備します
SC06604.jpg

ベルトを外して、、
SC06606.jpg

プラスドライバーでネジを取ります
SC06607.jpg

電池はこのように組み込まれています
SC06608.jpg

パカッと外してあたらしいのと交換、、、
さて、動くかどうか、、、お、秒針が静かに動いています
SC06609.jpg
よかったよかった、、、
今度は傷だらけのケースにヤスリをかけて傷を落としてみますか、、、


さて、電波時計
SC06610.jpg

上部のコイル部分で電波を受信するのかな?
SC06611.jpg

これも無事時刻を表示してくれました
SC06612.jpg
日常用の防水(手洗いや雨など)程度なら自分で簡単に替えられますね
(防水性の高いものは専門の業者さんへ出さないとあきまへん、、)

| 腕時計 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TAG HEUER LINK クロノグラフ CT1110

「ボーン・アイデンティティ」から始まるボーン三部作はお気に入りの映画で、DVDも持っています
d2b01f83.jpg
時計に若干の興味がある私は当然映画で主人公がしていた時計が気になっていました

記憶をなくした主人公が自分のお尻の皮膚に埋め込まれていたレザービームを発するカプセル(レザービームで番号が映し出される)で自分の貸金庫の存在を知り、その中身をあらためているシーンに時計が映し出されました
Bourne watch1

これはタグホイヤーのような、、、
20071222231419.jpg
いろいろと調べてみるとこれはタグホイヤーのLinkシリーズのクロノグラフでした
画像では文字盤が黒く見えますが、実際はブルーだとのこと
86e827bdd9787d21bbbf5ab0e624009b.jpg



しかしこれは2002年の映画で、すでにこの型の製造販売は終了していると思われます
というわけでヤフオクを漁っていたのですが、状態のいいUSEDを探すことができました
、、、んで、(軟禁のストレスからか)ポチッと、、、(^^;


ムーブメントはクオーツで、200m防水
クロノグラフ・タキメーター・逆回転防止ベゼル
ケースサイズは40mmと大きいです
kacky0520-img600x450-1237272812i4dtf629107.jpg
仕事や遊びでタフに使ってやろうと思っています、、、

| 腕時計 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BVLGARI ALUMINIUM

修理に出していた腕時計が返ってきました
自動巻きなのですが、うんともすんとも動かなくなってしまったのです
2009年6月02日1
ムーブメントの修理とともにオーバーホールと外側のラバーベゼルの交換もしてくれました

いまでは少し前の型になってしまいましたが、カジュアルな服装に合わせやすいデザインです
SC05346.jpg
これからも末永く使っていきましょう、、、



一応、お揃いで買いました、、、
2009年6月04日 001
あとが怖かったので、、、

| 腕時計 | 11:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sinn 656S

先日ヤフオクで落札したドイツはSinn社製の腕時計が届きました


Sinn(ジン) 656S
SC01795.jpg
ちなみにSinnとは日本語で道理という意味だそうです、、


余計なものを排除した実にシンプルな時計です
SC01789.jpg

この時計に特徴的なのが80,000A/mの超耐磁性能
「スタマグス」という磁気を遮断する性質を持った特殊合金でケースが作られている耐磁時計なのです(この合金は、従来使用されているステンレスに比べニッケル含有量を極限まで抑えているため、アレルギーに対するリスクが少なくなっているそうです)

ちなみに耐磁性能とは、時計が外からの強い磁気に耐えられる性能のこと
時計は磁気を受けることにより帯磁し、誤差を生じてしまうことがあります(携帯電話やいろいろな電子機器からも磁気は発生しています)
耐磁時計とは強い磁力ににさらされても精度に影響を受けないように設計された時計
元々モーター(=磁石)を使うクオーツ式はもちろん、機械式時計も影響は受けるのですが、これは発電所や医療関係などの磁場の強い特殊な環境下での使用を前提に設計されたもので、ケースを二重構造にするなどの対策が取られているそうです
IWCのインヂュニアやロレックスのミルガウスなどが有名
ちなみに耐磁性能はJIS規格にも定められているそうな、、

うちの職場も電子機器が多いのでぴったりの時計ですね~


視認性も高く、このとおり時刻が一目瞭然で分かります
SC01800.jpg
ジン社は創業以来、軍用機や航空機にコクピットクロック納入していました
そこで培われた視認性に優れたダイアルとハンドが腕時計にも使用されています
大戦中の戦闘では時速650キロを越えるスピードで空中戦が行われており、強震、急上昇、急降下、急激な温度変化など、さまざまな環境に耐えなければならないコクピット内のパイロットにとって最も重要なことは、極限状態においても瞬時に読みとることのできる計器です
コクピットクロックも重要な計器のひとつであり、見て分かりやすいデザインとかたち、広い範囲から見える、見てすぐ理解できる数字などの有効性から、3・6・9・12が視認性の構成要素になっています


日付窓が小さいのが珠に瑕ですが、、

SC01787.jpg
風防は平面のサファイヤガラスで、無反射コーティングが施されています
コーティングはブルーですね


自動巻きで10気圧防水
ムーブメントはETA2824-2です(世界中のいろんなメーカーで使われています)
SC01790.jpg

ブラックカーフベルト
SC01792.jpg

背面にはSinnの刻印が入っています
SC01791.jpg

黒を中心とした地味な色合いの時計なのですが、それでいてその存在感はなかなかのものです


ちなみに本日はめていた時計と比較
右はTAG HEUERのボーイズサイズ(ケース径35mm)、Sinn656はケース径38mm
SC01794.jpg

数年前からそのシンプルで男らしい外観とタフな機能に魅入られていたのですが、なかなか購入に至りませんでした
先日ヤフオクで格安のものを発見!
定価20万円ほどのものを半値以下で落札することができました


職場でだけでなく街にも射撃にも身に着けていこうと思っています、、

| 腕時計 | 14:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT