>">Deep Sigh

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジプシー・デンジャー塗装完了

塗装完了

IMG_7737_2017021810563223a.jpg



ちょっとは塗装が上達したかな

IMG_7717.jpg



今回はいつも上手くやれなさそうで敬遠していたチッピングという塗料の剥げの表現を試みた

IMG_7727.jpg

シルバーの塗料を台所用のスポンジにつけて剥がれを表現したい部分を軽く叩いたり撫でたりするのだが、力加減がなかなか難しい


機体が激しい戦闘で塗料が擦れた感じをシルバーのチッピングで表現

IMG_7729_20170218105538ea6.jpg



ナンバー部分や赤白の塗装部分は本体色のブルーでチッピングした

IMG_7730.jpg

白の塗装が剥がれて本体色がちらりとのぞく感じが上手く表現できたような気がする



足元は錆錆感を出す

IMG_7716.jpg

この塗料は塗るだけでざらざらの錆を表現してくれるので便利だ



メタル部分のオイルと錆交じりの汚れも表現

IMG_7731_201702181056160c7.jpg


IMG_7732.jpg


IMG_7734_201702181056219f9.jpg



目の部分はデカールがあったのだが、貼ってみるとなんだか違和感があったのでクリアパーツの裏側からクリアイエローで塗装した

IMG_7733_20170218105619d3d.jpg

胸のクリアパーツも同様に塗った



背中のメタル部分の塗装も楽しかったな

IMG_7736_2017021810562200d.jpg



塗装前のプラスチック感を消し重厚感を引き出せたな

IMG_7412_2017021811114139f.jpg


IMG_7739_20170218105633918.jpg

パシフィック・リムに登場していたイエーガーと言うロボットは確か5機あったはず
あと3機は発売されるのかな?
さらに来年のパシフィック・リム2も楽しみだ
スポンサーサイト

| プラモデル | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジプシー・・デンジャー塗装3

一旦、塗装は完了

IMG_7611_201702131359397f8.jpg

赤白のラインは本来はデカールを張り付けるのだが、デカールが破れてムキーッとなるのが分かっているので慎重に筆塗りした
ちょっといびつなラインもあるが、まぁよかろう



IMG_7612.jpg

あとは汚して完成

| プラモデル | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジプシー・デンジャー塗装 2

下地を黒く塗った後は、シルバーのメタル塗料とブラックを混ぜ合わせて上塗りする

IMG_7554.jpg



塗るにつれてプラスチックがメタルに変わっていく

IMG_7556.jpg



さらにエッジ部分はシルバーでドライブラシをかける

IMG_7557.jpg


IMG_7558.jpg


IMG_7559_201702131409528c4.jpg

メタルの質感がよく出たような気がする



本体のブルーの部位は、下地にマホガニー色を塗る

IMG_7560_20170213141147446.jpg



その後にブルーで塗装

IMG_7566.jpg

こうすることで質感に重みが出てくる

| プラモデル | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジプシー・デンジャー塗装

とりあえず一旦全部ばらして、部品一つ一つの切り離し部にやすりをかけて平らにする

IMG_7494_201702061257522e7.jpg



その後、下塗り
メタル部の下塗りはブラックで

IMG_7498_2017020612575411d.jpg

| プラモデル | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェルノ・アルファ塗装

月末恒例の三泊四日の職場軟禁
コールない限りは当直室に籠ってチェルノ・アルファの塗装

先ずは仮組をばらして、パーツとパーツの間の隙間に黒い瞬間接着剤を流し込んで埋め、そこに瞬間硬化スプレーを吹きかけるとその場で固まるので、その部分を紙やすりで磨いて隙間を塞ぐ

IMG_7374_20170125124708d8b.jpg



次は、胡粉ジェッツなる貝殻を砕いた塗料を塗り、表面をザラザラにして鋼鉄の鋳造感を表現する

IMG_7377_20170125124709341.jpg



その上から、下地色のマホガニーを塗る

IMG_7379_20170125124721ff7.jpg



そして本塗装

IMG_7380_201701251247233c2.jpg



頭部の黒い横線は本来デカールを張り付けるのだが、張り付けている途中で破れてしまい(ムキーッ!)、仕方なく筆で描いたさ、、、

IMG_7381.jpg

よく見るとちょっといびつなラインだけれど、あまり目立たないので、その他の黒や赤のラインも全部手書きにした
この方がデカール貼りでストレスたまるよりマシだ



まあまあかな

IMG_7382.jpg



少なくともプラスチックのつるりとした軽い感じは払拭された

IMG_7383_2017012512472792f.jpg



ということで後はいろんなものを使って汚して完成

IMG_7384_201701251247391f4.jpg

チェルノ・アルファは、第5世代まであるロボットの第1世代という設定のため、いろいろとボロボロになっていると思われるので、煤や錆やオイル汚れなどをとことん付ける



汚しがいがあったな

IMG_7385_2017012512474131b.jpg



メタル部分の錆感もまぁ出たかな

IMG_7386_20170125124742362.jpg


IMG_7387_20170125124744b49.jpg



足元は、海でも戦うので、錆錆に塗りたくった

IMG_7388_20170125124745bf5.jpg

こんなもんかな~


シンナー臭のしないシタデルカラーという水性塗料を使っているので、あんまり汚し用の塗料を使えないのがイタい
(シンナー系の塗料で汚しをかけると水性塗料は溶けてしまうため)

まぁ、でも良くできた方かな、、

IMG_7391_20170125124757776.jpg

同じシリーズのジプシー・デンジャーというプラモを作っている長男に見せて感心させよう、、ふふ

| プラモデル | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT